正月飾りの決まり事や意味を詳しく解説!飾るタイミングと置き方も教えます!!

スポンサーリンク
正月

正月飾りといえば「門松」や「しめ縄」ですが、ちゃんと飾るタイミングや置き方にも決まりがあるんです。
意外に知らない人が多いと思いますが、意味や理由を知ってから飾り付けをすると気持ちも入りますし、意味があるものになるのではないかと思います。
基本をしっかり押さえておきましょう。

スポンサーリンク

お正月飾りは飾り始めたほうが良い日が決まっている

お正月飾りは、12月13~12月28日に飾り付けるのが良いとされています。
それは、12月13日は奇宿日(きしゅくにち)といわれ、鬼が休んでいる日の事です。
鬼が休んでいるので、「何をしても鬼が邪魔をしない」ということで、お正月飾りを飾り付けるのに良いとされています。

・28日八は末広がりでとても縁起が良いなんです。
・29日二重苦を連想させるので縁起が良くないとされています。
・30日31日一夜や飾りと言い、急いで準備をする「お葬式」を連想させるので良くないとされています。

ですので、お正月飾りを始めるにタイミングは12月13日~12月28日の間に飾り付けしましょう。

「門松」や「しめ縄」にはどんな意味があるの?

最近の「門松」や「しめ縄」は、昔ながらの大きなものだけでなく、マンションなどでも置くことができるコンパクトなものなど、様々なものが売られています。
この門松やしめ縄にはどんな意味があるのでしょうか?

門松

門松にはお正月に家を守ってくれる歳神様が迷うことなくに家に来ることができるようにと目印として門や玄関先に置いておく飾りです。
この門松ですが、形によってご利益が変わって来るんですが、門松は大きく分けて2種類あります。

水平の門松

切り口が詰まっていることから「お金が出ていかない」という意味から、お金がたまっていくと言われています。
なので、金融機関に良く飾られています。

斜めの門松

切り口が笑い顔に見えることから、「笑う門には福来る」ということで、服を呼び込見たいお宅に向いている門松です。

門松の置き方

置き方にもしっかりと意味があるんです。ポイントは二番目に高い竹が内向きか外向きかで変わってきます。

内向き

「迎え飾り」と言って、人を家の中に招き入れる、引き寄せるご利益があります。
子供を授かりたい夫婦や、商売をされているご家庭で「商売繁盛」で人を呼び込みたい人はコチラが向いています。

外向き

出飾りといい、「人を送り出す」という意味があります。
子供が成長して、独り立ちをするときや、娘の結婚の門出で送り出すときに使うことが好ましいとされています。

しめ縄

ついている飾りによってご利益が違うので、購入の際に参考してみて下さい。

出世したい家庭におすすめ
なぜ?春に咲く花の中で先駆けて咲くので出世の象徴とされています。
会社に勤めているサラリーマンのご家庭におすすめです。

裏白

ご年配の方がいるご家庭におすすめ
なぜ?裏白という葉っぱは、裏側が白いことから、「白髪になるまで長生きをする」という意味があり、長寿を表します。

ゆずり葉

子供が欲しい家庭におすすめ
なぜ?ゆずり葉は、古い葉が落ちる時に次の新しい葉にやくめを譲るように落ちていくはっぱなので「子孫繁栄」を意味します。

だいだいは商売をしている家庭におすすめ。
なぜ?橙の実は「一度なった実が3年たっても落ちない」という事から「代々栄える」という意味があります。

米俵

豊作

小判

金運

獅子舞

厄払い

まとめ

いかがでしたでしょうか。お正月飾りの決まりやそれぞれの意味をまとめてみました。
意味を知ることで、しっかりと思いを込めながら飾ればより良い1年になるんではないでしょうか。
少しでも参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました