食洗器は必要?使ってない人は1年間の光熱費を8000円以上損している事実!

スポンサーリンク
ライフハック

食洗器って必要ある??

今から70年ほど前、衣類洗い用洗濯機が世の中に普及しだした時もこんな声はありました。
当時の主婦たちの間では、
「衣類の洗濯は自分の手で洗うものよ!」
「洗濯機で汚れがホントに落ちるの?」
「洗濯機はぜいたく品よ!」

でも、今の現代では衣類洗い洗濯機が自宅にない家庭はないんじゃないでしょうか?(一人暮らしの独身者はさておき)

衣類洗い用洗濯機が普及した時代と同じように、食器洗い乾燥機が普及している今も「食器洗い乾燥機を使う・使わない」は賛否あります。

時代とともに食洗器のシェア率も上がってAIが進む令和の今は、食器洗いはロボットに任せた方が生活にゆとりが持てて効率的ですよ!

私は食洗機を使うようになってからこどもとゆっくり会話をする時間が増えたり、ゆっくり湯船につかる時間もできて、食後にバタバタすることもなくなりました。

時間がない~!とイライラすることもなくなったので家庭円満になりました。

時間が増えただけでなく、光熱費も安くなるんですよ!時短と節約を考えている方はぜひ読んでみて下さい。

”この記事は3分くらいで読み終わります。読み終わるころにはあなたがどのくらい時間とお金を無駄使いしてたのかがわかりますよ~。

スポンサーリンク

食器洗い機は必要なのか?

食洗器を使っている人と使っていない人の口コミを集めてみました。

持ってるけど使っていない人

・光熱費が高くコスパ悪い
・せっかちな人
・食器を洗うことが好き

使っている人はこんな人

・家事の時間を減らしたい
・コスパが良い
・便利

そもそも持っていない人

・ぜいたく品だと思っている
・光熱費が高くなると思っている
・食器は手洗いするものだという固定観念

元々食洗器が備え付けているのに使っていないって人」や「そもそも持っていない人」は光熱費が高くなるくらいなら自分で洗ったほうが良いと思っている人が多いですね。

食洗器は時間がかかるから使わない」「食器は手洗いするものだという固定観念」や、「そもそも食器洗いが好き」で、大変だと思っていない人は食洗器を使う必要がないと思っています。

後半でご紹介しますが、「光熱費がかかってコスパ悪い」って思っている方が最も多いのですが、じつはまちがい!手洗いの方がコスパ悪いんですよ!

ここを知らない方が食洗器否定派の大半を占めています。
これは一昔前の常識で、今はどのメーカーも「節電・節水」を意識している、それが前提の家電がほとんどです。

食洗器を使うと光熱費が高くなる!?

結論は、圧倒的に食洗器の方が安いです。
私もずっと光熱費が高くなるから、手洗いするほうが良いと思っていました。
経済産業省・資源エネルギー庁が発表する家庭の省エネ徹底ガイドでも分かるように、

手洗い:約25,510円/年間
食器洗い乾燥機約16.640円/年間
—————————————————-
手洗いと食器洗い乾燥機の差額:約8,870円/年間

食洗器を使うときは、手洗いではかからない電気代が含まれます。
ですが、それでも年間これだけの差額があります。

電気代がかかるのはちょっと・・・って方は、乾燥機能を使わずに余熱で乾燥すれば自然に乾きます。
洗浄が終わったら食洗器の扉を開けるひと手間でだけでさらに省エネになりますね。

次は、食洗器の選ぶ基準を紹介しますね。

食洗器はビルトインと据え置き型がある

あなたの家はどちらのタイプに当てはまりますか?

卓上型ビルトイン型
設置条件は?・シンクの上、キッチンカウンターなどの上に置くタイプ

・賃貸物件向き

・キッチンカウンターのした、シンクの下に設置する引き出しタイプ

・リフォームOKの分譲向き

自分で設置できる?可能不可能
価格は?・本体は5万~7万円くらい

・他に分岐水栓が必要

本体+工事費込みで12万~18万円くらい

デメリットをまとめてみた

・光熱費が高くつきそう
・キレイに落ちるのか?
・高くて手が出せない
・洗浄時間が長い
・すべてに使えない
・スペースがない

 

・食洗器で落としきれないモノ
焦げ付きや乾燥したご飯粒、などはスポンジで落としてあげないとです。
あとは、たまごの黄身は高温で固まる性質を持っているので、スポンジで落としてから出ないと落ちません。

・使えない食器

・漆器=高温で洗うため変色や剥がれることがあります。
・クリスタルガラス=鉛成分が含まれているので白く曇ります。
・銀、アルミ、銅などの鍋やふた
・木製の食器=変色しやすい。

最近は木製の食器でも食洗器対応に加工されているものが多いですが、高級食器は避けたほうがよさそうです。

メリットをまとめてみた

・光熱費のが安くなる
・家事の短縮になる
・冬場の手荒れ防止
・高温で洗うので衛生的
・拭く手間がない
・ニオイ残りもない
・洗物に時間を拘束されない
・油汚れはスッキリ落ちる
・おろし金には必須
・水筒のパッキンや弁当箱の細かい隙間洗いが簡単

衛生面は注目です!高温で洗浄するので手洗いするよりも雑菌効果が高まります。

選ぶコースによっては乾燥もできるので、拭く必要はありません。

節電の為、乾燥機能を使わなくても食洗器が終わったら扉を開けておけば自然乾燥でもOK!

おろや刃物は手洗いの時は注意が必要ですが、そんな心配はもうご無用です。

細かい部分についた汚れを落とすのも得意な食洗器。泡立て器やザルなどの手洗いが大変だった落としにくい部分もキレイに落としてくれます。
高温で洗う為すっきりするので、肉の油汚れやお菓子を作った時のバターなどさっぱりと洗いあがり、片づけが苦にならない

 

まとめ

食洗器を使うと水道代やガス代は安くなり、時短にもなるのでわざわざ手洗いをする理由はありませんよね。
食洗器に洗い物のをしてもらっている間に空いた時間で家族との団らんや、子供とのコミュニケーションの時間も増えたり、お風呂にもゆっくりリラックスタイムも確保できるようになりますよ!
ワーキングママには必須のアイテムです。

私も買うまでは安いものではないから悩みましたが、もっと早く買っておけばよかった!と後悔しています。
生活をもっと楽に、そして節約を考えている方にはぜひおススメしたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました