血圧が急上昇する原因は? 高血圧改善食材はニンニクだった!

スポンサーリンク
生活術

血圧の血圧はこんな時に上がるのです。血圧が上がる原因を知ることで自分でコントロールすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

血圧が急上昇する原因は?

・早食い
早くいをすることは、激しくかむことによって運動のような効果があります。
ですので、活動的になって神経もたかぶり血圧は上がってしまうのです。

・防寒を怠る
筋肉量が少なく、脂肪が多いメタボな人は要注意です。
皮下脂肪が多いということは、寒いところへ行ったとき、体が冷えるまでに時間んがかかります。しかし、冬に薄着で外出するのは論外です。
これは、全身の血管を収縮させ血圧を高めるということになるのです。
防寒を怠ると血圧が急上昇するリスクがあります。

・一人で歌い続ける
歌を歌う時、こぶしがあったり、声を張り上げたり、連続して歌うことは、かつどうてきになって興奮しますから血圧は上がります。
歌い方や時間で血圧は変わります。
約30分間5曲熱唱すると血圧は上がり、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まります
休まず歌うだけで血管に負担がかかっているということなんです。
カラオケなどで歌を歌う場合は、一曲歌うごとに5分間の休憩を入れながら歌うと血圧は急上昇することは少ないでしょう。
一人で休みなしに歌を歌い続けると血圧が急上昇すると言います。

・気持ちが乱れる
ストレスを感じると副腎からコルチゾールというホルモンが分泌されます。
そうすると、血管が収縮して血圧が上がってしまうのです。
人間は気持ちが乱れたとき血圧が急上昇することがあります。

高血圧改善食材はニンニクだった!

高血圧に効果が期待できる食材は、においが気になる食材。そう、ニンニクです。
ニンニクは切ったり潰したりするとアリシンというニオイ成分が生まれます。
アリシンは加熱することで血圧を下げる成分、硫化水素を体内で生成するのです。

硫化水素とは・・・
ニンニクを切るときにできるニオイ成分アリシンに熱を加えると硫化アリルという成分に変わります。
この硫化アリルが赤血球と結合すると硫化水素という気体に変化するのです。
これが血管を広げ、血圧を下げてくれるというのです。

この硫化水素を食べ物として摂って体内に吸収させる、そういう食品はニンニクだけなんです。
ニンニクだけにしかない血管拡張作用があったのです。

おすすめの食べ方
オリーブオイルに刻んだニンニクを入れただけの食べるニンニクオイルです。
ニンニクは油との相性が抜群に良いので、血圧を下げる成分硫化水素を取るのに大変良いといえます。
食べるニンニクオイルは血圧降下成分を100%摂取できる最強の調理法なんです。

[su_box title=”食べるニンニクオイルレシ” box_color=”#f96e09″ radius=”20″]ニンニク1個
オリーブオイル50ml
みじん切りにしたニンニクをお鍋に入れます。
オリーブオイルを加えて2分ほど加熱します。
これで食べる簡単&万能ニンニクオイルの完成です。

食べるニンニクオイルで血圧改善を目指しましょう。
ボックスのコンテンツはここに入れる[/su_box]

冬の突然死を防ぐポイント

一つ目は血圧、二つ目は脈拍です。

脈拍とは・・・
心臓から血液が流れる際の動脈の動きのこと。
日中の平均脈拍数
男性 60~80回/分
女性 70~90回/分

血圧を気にして生活している人は多くいますが、脈拍を気にしている方はあまり多くないようです。
ですが、血圧が正常でも寝起きの脈拍数が多いと突然死のリスクが高まります。
最近の研究で脈拍が寿命を決めると言われているのです。
脈拍は運動をしたときや興奮した時に血液を全身にに送るため早くなります。
ところが、安静にしているときでもに脈拍が早いと血管に圧力がかかります。これが血管が詰まるリスクを高めるのです。
その結果、動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中の恐れがあると言います。

基準の脈拍
61回/分

安静時の脈拍と突然死のリスク
脈拍の回数  リスク
61~64回 1.00倍
65~69回 1.63倍
70~73回 2.54倍
74回以上  2.61倍

脈拍が多いほど突然死のリスクが多いとされています。
・しっかりとした健康的な睡眠をとること。
・お酒を飲むと脈拍は早くなります。そして興奮状態のまま眠りにつくと深い眠りは取れないのです。
就寝前はリラックスをして眠りにつくと良いでしょう。

血圧と脈拍を意識して冬の突然死を防ぎましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました