お葬式の礼儀作法は大丈夫?服装や持ち物は?金額は?

スポンサーリンク
生活術

お葬式のしきたりや礼儀作法って意外とわからないことがありますよね。
何がふさわしくて、何がふさわしくないのか。
どのような服装?持っていくものは?

お葬式のあらゆる疑問を解決したいと思います。

スポンサーリンク

服装や持ち物は?

男性は普段仕事で着ている黒いスーツで良いと思っていませんか?
普段着ているスーツは、ジャケットの後ろに切れ込み(ベントといいます。)が入っていますよね。あれ、何の意味があるかご存知ですか?
西洋で、昔 貴族たちが剣を持って武装していました。その際に着やすいジャケットは後ろに切れ込みがはいっていました。
乗馬をする際にも、後ろのセンターに切れ込みが合ったほうが乗りやすいです。
剣を持つとき、サイドに切れ込みがあると剣が抜きやすいです。
このように、動きやすいための切れ込みなんです。

ただ、お葬式は武装する場所でも動き回ったりする場所でもありません。
お葬式は静かにたたずんで偲ぶ場所になります。ですので切れ込みがあるスーツはふさわしくないということになります。

・バック
シンプルで黒いバッグなら何でもよい?いえ、違います。
革製品は牛などの動物を使ったもので、殺生の意味がありますからお葬式にはふさわしくないと言えるでしょう。
本来は布製のバッグが良いです。布製がない場合は合皮製品だと良いでしょう。もちろん、男性の靴やベルトも同じといえます。

・アクセサリー
一連の真珠のネックレスはふさわしいでしょう。
ですが、二連の真珠のネックレスはふさわしくありません
そもそも、アクセサリーは、華美なものを付けていくものではありません。
ただし、真珠に関しては大丈夫です。
一つ一つが涙に似ていますので、涙の象徴として世界的にも女性たちは真珠を身に着けています。
ただ、二連になると=不幸が重なるということになります。

・お香典の準備
香典袋を購入して、中には「御香典」「御霊前」「御仏前」と書かれた三種類の表書きが入っています。
どれを使えば良いかと迷ったことはないですか?どれもちゃんと意味があるんです。
まず、お葬式のお香典袋の表書きに一番ふさわしいものは「御香典」でしょう。

お葬式にはいろいろな宗派があります。が、「御香典」はどの宗派でも大丈夫なんです。

亡くなってから四十九日までに旅をされると言われています。
仏になるまでは霊の状態です。ですので、「御霊前」でも間違いではありません。
ですが、宗派によって使えないこともあるので注意しましょう。
御仏前」は宗派にもよりますが、四十九日の法要以降に持っていくものなので
お葬式にはふさわしくはありません。

迷った場合は「御香典」が一番良いでしょう。

・新札しかない場合
新札に折り目をつけて入れましょう。
新札をそのまま入れてしますと、「前もって不幸を予測し、準備をしていた」ということになります。
ですので、一度折り曲げたり あえてシワのついたお札を入れるようにしましょう。

・香典袋へのお札の入れ方
これにも作法があります。
香典袋の中袋にお札を入れすが、まず、福沢諭吉さんのお顔を下にし、裏返して入れます。
親しい方がなくなるというのは心が下を向く、顔が伏せるということで日本人はこういったところでも気持ちを込めてお札を下向きにしたという説があります。

一番気になる金額の目安

近所の人や友人ならば・・・3千円もしくわ5千円
上司や先生ならば・・・・・1万円
親族やお世話になった方・・3万円もしくわ5万円
これが目安とされておます。

この金額にも意味があります。
故人と切れないように、縁を長く続けるように、割れない数字ということで、
基本的には奇数が使われます。

参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました