全国のGWお出かけスポット3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大町藤公

兵庫県
アクセス:和田山インター降りて15分

「大町藤公園」とあるように、藤の咲き乱れる場所です。
藤の季節であるゴールデンウィークに行われます。地元の方々(和田山町白井の)がスタッフをされています。
行ってみればわかりますが、当日の入場券を買って入場します。大人500円です。

藤の終わり掛けの時期に行くと入場料が半額になりますが、なにせ、藤はボロボロ、綺麗ではありません。
一度、終わり掛けに行って、驚きました。藤の季節真っただ中に行けば、そこはもう、この世ではありません。
そこらじゅうに藤の高貴な香りがし、優しい薄紫の花が顔の位置まで垂れ下がっています。
綺麗で、心がほぐれます。観光客の車のナンバーを見ていますと、兵庫県にも関わらず関東からも沢山来られているようです。

気を付けたいのが、時間帯によって(昼からは)、駐車場に車を入れるのに30分以上かかります。
舗装された道に行列ができています。誘導は地元の住民がされています。(白井地区)公園内の屋台も毎年同じで、地元の白井地区の方々で運営されています。屋台はありますが、椅子とテーブルが観光客に対して圧倒的に少ないので、お昼ご飯はできれば他で食べてこられた方がいいと思います。
立ってつまむ分にはいいと思いますが。屋台は、「唐揚げ」「ポテトフライ」「鮎の塩焼き」「たこ焼き」と、毎年同じです。

沖の島

千葉県
アクセス:車でJR館山駅から約15分

沖の島は周囲1キロほどの小さい島です。この島は陸続きとなっており、なんと島まで歩いていくことができます。
近くに車を停めるスペースもありますので、近くまで車で行くことができます。

台風の後に行くとサーファー達のお守りとして人気のある布袋石(鯨やイルカの耳石の化石)が運よく見つかる事があるようです。
化石などがみられる地層がところどころにあり、そこに歴史の息吹を感じる事ができるでしょう。

釣りも楽しむ事ができます。島には戦時中岩をくり抜いたトンネルが見られますので、探検してみてもいいでしょう。
あらゆる産業の神、倉稲魂(うかのみたま)を祀った宇賀大明神社も島の中にあるので参拝されてもいいでしょう。
海岸植物も見られますので、お子様がいる方には夏の自由研究の題材にも使えるかもしれませんね。

このように自然あふれる島なので気軽に訪れても楽しめる事でしょう。アウトドアのレジャーにつきまとうトイレの心配もある事でしょう。しかし、この島は心配ご無用です。水道も電気もない島ではありますが、トイレの心配はありません。
なんと微税物による分解作用を利用した自然にやさしいバイオトイレが設置されています。
お出かけ先に迷ったら是非この島へ行ってみて下さいね!

みなとみらい

神奈川県
アクセス:横浜駅からみなとみらい線に乗って、馬車道か日本大通りで下車。歩いて約5分ほどです。

GWに新幹線を利用して、実家の福島から横浜へ行ってきました。
東京駅まで新幹線に乗り、そこから在来線に乗り換えです。ちょっとした用事があったので、日本大通りで下車して、街並みを見てから赤レンガ倉庫へ行きました。

レンガ造りの建物が多く、古い建物が好きな私は大満足でした!赤レンガ倉庫も歴史ある造りで、中にはたくさんのお店が入っています。
私は特に和服をアレンジした小物を販売しているお店が気に入りました!
帯をリメイクしたバッグはとってもかわいかったのですが、値段が高くて…。

その次の年に成人式を控えていたので、プレゼントとして買うことにしました!普段使いもできる素敵なバッグで、夏の浴衣コーデにも使っています!また、かんざしの専門店もかわいかったです。
色々な種類があって、上品なかんざしを一つ買いました。
外国の方が多いのか、そういった商品が目立ちました。

そこから歩いて山下公園などを見て、中華街にも行きました。小さいときに行ったきりで、よく覚えていなかったのですが…。
GWということもあって人が多いです!事前に飲食店を予約しておいたのでスムーズに入れましたが、夜の時間帯になるととっても混みあいますね!おいしい中華料理をおなかいっぱい食べられました。
食べ歩きもできるので、お子さんから大人まで楽しめる場所です。
帰りはみなとみらいに立ち寄って、夜景を見て帰りました!地元では見られない景色に大興奮です!夜景を見ながらおしゃれなディナーも素敵だろうなあ…と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました