熊谷桜堤のお花見情報!!見ごろは?混雑状況は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

熊谷桜堤の特徴・魅力

埼玉県熊谷市にある熊谷桜堤は、江戸時代から桜の名所として知られる、県内有数のお花見スポットです。
特徴は、2㎞にもおよぶ桜のトンネルと、土手一面に咲き誇る菜の花のコントラストです。
桜まつり期間中はライトアップも行われ、夜桜を楽しむこともできます。
間近で桜を見ることができるので、より一層お花見を満喫することができます。

見ごろの時期

見ごろは、毎年3月下旬から4月上旬までです。
年によっては、3月下旬に咲かないこともありますし、4月上旬には散り始める年もあります。
熊谷市公式HPで、熊谷桜堤の開花速報が随時更新されます。
開花状況が気になる方は、チェックしてからお花見に行かれることをおすすめします。
近隣に住んでいる方や、通勤・通学などで荒川大橋を通る方は、橋の上から開花状況をチェックするのもおすすめです。

桜まつり開催期間

桜まつりは、3月下旬から4月上旬に開催されます。
年によって開催期間が異なりますので、熊谷市公式HPで確認してください。
また、桜まつり開催期間中は夜間のライトアップが行われます。
18時から21時の間ライトアップが行われ、夜の幻想的な熊谷桜堤を楽しむことができます。

駐車場情報

熊谷桜堤では、250台ぶんの無料駐車場が用意されています。
桜まつり期間中の週末などは大変混みあうので、時間に余裕を持って訪れることがおすすめです。
また、熊谷駅付近には有料となりますが、駐車場が多くあります。
駅ビルの駐車場も利用できるので、無料駐車場に止められなかった場合はこちらがおすすめです。

アクセス

JR・秩父鉄道熊谷駅から徒歩5分です。
南口を出て、バスロータリーを抜け、荒川方面へ進んですぐです。
看板が出ているので、わかりやすいかと思います。
車でお越しの方は、東松山ICから約20分です。
熊谷桜堤付近の道がよくわからない、不安だからバスで行きたいという方は、東武東上線森林公園駅からバスが出ています。
森林公園駅発のバスには、立正大学行きと熊谷駅南口駅行きのバスがあります。
立正大学行きのバスでは、終点立正大学で降り、熊谷駅南口行きのバスに乗り換える必要があります。
熊谷駅南口行きのバスは乗り換えは必要ありません。

混雑情報

桜まつり開催期間中は、大変混みあいます。
平日は、春休みということもあり、家族連れや学生で賑わいます。
週末は付近の道路が混みあうので、車でお越しの方は注意してください。
また、場所をとってお花見をする際にも注意が必要です。
午前中やお昼にかけてのお花見で、いい場所をとるためには、10時頃からの場所取りがおすすめです。
夜間のライトアップに向けてのお花見をする方は、15時頃に行ったん見物客が引けるので、いい場所をとるにはねらい目です。
また、毎年必ず迷子になったお子さんを見つけます。
人が多いですし、夜間はお酒を飲んでいる人も多いですから、お子さん連れの方は目を離さないように気を付けてください。

熊谷桜堤の屋台について

熊谷桜堤では、多くの屋台が出店しています。
人が増えてくると営業をはじめる、という形で、お昼時にはほとんどのお店が営業しています。
夜間は、ライトアップが終わるぎりぎりまで営業しています。
たくさんのお店で、おいしいものが食べたい!という方は、夕方頃がおすすめです。
お好み焼き、たこ焼き、から揚げ、ポテト、クレープ、チョコバナナなど、大人から子どもまで楽しめるラインナップになっています。
夜になると、暑さで有名な熊谷も寒くなります。
こんな時に大人が飲みたくなるのは、熱燗ですよね。
熱燗やもつ煮など、体があたたまるものもたくさん売られています。
お酒を飲んだら運転しないようにしましょう。
また、お子さんやお酒が飲めない方でも楽しめる甘酒も売られていますよ。

服装について

暑さで有名な熊谷市ですが、春先の夜はとても冷えます。
日中は日差しがありますが、ライトアップを楽しみたい場合には、一枚羽織れるものや、マフラーを持って行くと安心です。
日中の日差しが気になる方は、日傘や日焼け止めを持って行きましょう。
ただし、人が多いので日傘をさす方は他の見物客の迷惑にならないように気を付けてください。

お子さん連れの方へ

例年、迷子になるお子さんが多くいます。
屋台の真ん中付近に、警察のテントがあり、そこで迷子のお知らせなどをしています。
もしもの時のために、テントを確認しておいたり、迷子になった時に集まる場所を確認しておくとよいでしょう。
また、桜堤のすぐそばに公園があり、本物のSLが飾られています。
桜まつり期間中は乗ることもできるので、小さなお子さん連れの方にはおすすめですよ。
公園内は広く、遊具もたくさんあるので、お花見の際に遊ぶこともできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました