これって成長痛!?子供が夜中に足が痛いと泣いているときの対処法

スポンサーリンク

赤ちゃんの時から夜泣きなんてほとんどしたことがないくらい、寝かしつけにも全く手を焼いたこともない、一度眠ると朝まで起きない息子。
そんな息子が3歳のころ初めて経験しました。
夜中に隣で寝ている息子が「いたい・・いたい・・」とからだを反らせてシクシク泣いている息子に気が付きました。
慌ててとび起きた私は、何事かと思いました。
足が痛いともがいていました。

深夜2時ごろだったので病院も開いていないしわたしは息子の小さな足を擦ることしかできませんでした。

これは成長痛!?

私の周りにはあまり経験したことがある人はいませんでしたが、わたしも子供のころ夜中にひざが痛くてもがいていて経験があります。
(少しわたしの身長が高いことも関係しているのかも!?)
夕方から夜中の間にひざのお皿がズキズキと痛むのです。力いっぱいひざのお皿のつかんだり、握りこぶしでよくなんどもパンチしていた記憶があります。(良いのか悪いのかはわかりません)
そんなことをしても痛みは取れないんですが、ウズウズ、ズキズキしていて何とも言えない痛みでもがいていたのを思い出します。
ですが、それは小学生の成長真っ盛りの頃の話で、3歳なんてそんな小さなころではありませんでした。

でも症状は私の子供のころの経験した感じとよく似ていました。
夜泣きが続くようなら病院で診てもらおうと思っていたんですが、結局あの日だけでした。
次の日は何事もなっかたようにいつもどうり、外でたくさん走りまわって遊んだり、食欲もいつもどうりで昼間は一度も足が痛いなど言っていませんでした。

そんな息子も8歳になりましたが、成長痛のような症状は年に1回か2回ほどやってきています。
症状がでるのは時間は決まって夜。だいたい18時ごろから深夜2時ごろの間です。
突然「痛い。。痛い。。」と泣き出すので、はじめの頃は擦ってあげることしかできませんでした。

スポンサーリンク

足が痛いと言われた時の対処法その1

わたしが昔、愛用していた足のむくみや肩こり、脂肪燃焼にも効果があると言われていたいわゆる「ブルブルマシーン」がヒットでした。
ここ数年使用していませんでしたが、引っ越しの時に段ボールの底から出てきて、もしかしたら使えるかもと思い、足を痛がったタイミングで使用してみました。
ただ振動をあたえるだけのマシーンなんですが、むすこが「足が痛い」と言い出したときにはこれをひざあたりに巻き付けてブルブル振動をあたえていると痛みが取れてよく眠ってくれます。
わたしも最近、久しぶりに使ってみたりしています。わたしはマッサージ、むくみ取りにですが。

足が痛いと言われた時の対処法その2

やさしく手で擦ってあげるのもいいですが、それでもおさまらないときは、
1、水で程よく濡らしたタオルをビニール袋に入れて電子レンジで1分ほどチンします。
(やけどには十分注意してください!!)
熱すぎる場合は少し広げて熱を取りましょう。
2、お湯でタオルを濡らし、程よくしぼる。

1か2のどちらのやり方でも結構です。
そのタオルを痛がる子供の足の部分に当てて、温めてあげましょう。
子供いわく、とても痛みが和らぐそうです。
冷やすよりも温めるほうが効果が得られました。

まとめ

我が家では年になんどか訪れる足、ひざのいたみはこのようにして乗り越えています。
いたみが続くようなら病院に連れて行こう!と思うのですが、次の日の朝には決まって何事もなかったかのようにいつもどうりの息子に戻っているので、痛みがないときに病院につれていってもな・・・と思い、いまだに病院には一度も連れていけていません。いいのか悪いのか…

いつか終わるであろう成長痛!?とはうまく付き合っていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました