書き損じはがきどこまで大丈夫?交換の手数料は?買取で現金化にもできる!

スポンサーリンク
生活術

年賀状や懸賞に出そうと思って普段書きなれないはがきを書いて、失敗しちゃいけないって思ってるのに、宛名をまちがえてしまったり・・・
イラストを描いたたけど失敗しちゃたとか・・・
子どもがお友達に年賀状を書いていたけど、これじゃただの落書き・・・
しかもちょっとやぶけてる・・・
なんてこと、ありませんか??

でも、どこまでなら交換してもらえるんでしょうか?

実際に私が郵便局で交換に行ってみました。

はがき・年賀はがきの交換方法や場所・手数料・期限、現金化にもできる?!

個人情報は大丈夫??・・・・はがきに関するいろいろをまとめてみました。

スポンサーリンク

書き損じはがきどこまで交換できる?

せっかくイラストは完璧に書けていざ、住所を書いているときに間違えてしまった・・・子どもが乱暴に扱ったはがきがちょっと破けてしまった・・などなど、どこまでなら交換してもらえるのでしょうか。

交換できない条件は2つ

  • 額面印面」が汚れてしまった場合
  • はがきが破けてしまった場合

このどちらかが当てはまった場合は残念ながら交換はできません。

 

「額面印面」とは、金額が書かれている切手の部分のところの事です。


切手も同様に切り離しの白い部分が少しくらいならOKですが、枠内が破けてしまうと交換はしてくれません。
そのまま使うこともできないんだとか。なので注意して切り離してくださいね。

交換できるものは?

・通常はがき
・往復はがき
・通常切手
・郵便書簡
・レターパック封筒
・スマートレター封筒

特殊切手(記念切手やかわいい切手)、印紙や現金には交換できません。
もちろん、ゆうちょ銀行の通帳にも入金できませんよ!(*´Д`)

書き損じはがきの交換場所は郵便局

書き損じはがきや未使用のはがき・年賀はがき・切手などは全国の郵便局窓口で交換してくれます。

※簡易局ではできないので注意してください。

郵便局の窓口が開いている時間帯に行きましょう。

因みに、コンビニなどでもはがきや切手は購入できますが、交換はしてくれないのでご注意を((+_+))

書き損じはがきの手数料はいくらかかる?

はがき・年賀はがきの手数料は1枚につき5円かかります。

例)はがき1枚をはがきに交換➡5円支払ってはがきに交換してもらえます。
例)63円のはがきを切手に交換➡63円ー5円=58円分の切手に交換してもらえます。

はがきが必要ない方は切手に交換しておけば郵便物を送るときに使えますね。

交換の際、現金で支払う以外には、5円分の切手などでも支払うことができます。
他の手数料は以下の通りです。

・はがき 1枚5円
・切手 1枚5円
・郵便書簡 1枚10円
・往復はがき 1枚10円
・レターパック 1枚41円
・10円未満のはがき・切手 額面の半額

書き損じはがきの交換できる期限はある?

書き損じはがきには交換期限はありません
年賀状の場合でも未使用であれば去年のものでも、自宅に眠っていた5年前のものでも交換可能です。

ですが、今年の書き損じ年賀はがき今年の年賀はがきに交換する場合は年賀状が販売されている期間内でしか交換できません。

豆知識
使用済みのはがきや年賀状には目に見えないインクで「額面印面」に印がされているので、私たちにはわかりませんが、郵便局では使用済みか否かがはっきりと分かるようになっています。
間違えて郵便局にもっていっても交換はしてくれません。
注意してくださいね。

交換するタイミング

今年の年賀状はもういらないから交換!・・・ちょっと待って、それ勿体ないかもですよ!
お年玉付き年賀はがきの場合は抽選結果を待って、確認してから交換に行きましょ!もしかしたら・・・フフフ当たっているかも!?

個人情報は大丈夫?

個人情報も郵便局では保護方針が発表されているので、厳正な処理をされています。

でも・・・ちょっと気になっちゃいますよね。

なので、私の場合は黒マジックや筆ペンで真っ黒に塗り潰します
個人情報は個人でも守りましょう。
※「額面印面」だけは汚さないように気を付けて下さいね!!

実際に交換してきました

子どもがえんぴつで何度も何度も書き直しして圧が強めな息子・・・
ちょっと折れ曲がっているし、これじゃあ失礼だね・・・てことで、書き損じたはがきを交換してきました。

 


値上がりする前の62円はがきだったので、1円+手数料の5円をお支払いして、合計6円!
今回は、63円切手に交換してもらいました!

書き損じはがきは現金化できる?

書き損じはがきなどの交換は郵便局で販売しているものにしか交換はできません。現金への払い戻しはできないのです。
でも、切手やはがきは使わないから現金にしたい!ということもあると思います。そんな時は現金にすることもできるんです。

・金券ショップ
・ヤフオク
・切手買い取り専門店

買取条件や相場は買いとる場所にって異なりますが、40円前後が相場みたいです。
はがきや切手と交換しても使い道があまりない方は金券ショップを活用しても良いですね。

手数料無料で交換できることがある

基本的に交換の場合は手数料がかかりますが、手数料無料で交換することができる場合があります。

喪中、服喪になった場合

年賀はがきを購入後に家族や親せきに不幸があって年賀状を出せなくなる事がまれにあります。
そんな時は窓口でそのことを伝えると印刷や記入後でも手数料無料で交換してくれます。

交換方法

・無料期間は本年度の年賀はがき販売期間内
・簡易局以外の郵便局で受け付けてくれます。
・喪中、服喪である事を窓口で伝え、備え付けの請求書に請求者の住所や氏名、亡くられた方の氏名とその続柄などを書いて提出すれば大丈夫です。

お葬式やいろいろな手続きであわただしくしている間に販売期間が過ぎてしまった場合はこの方法は使えなくなるので注意が必要です。

間違えて別の種類の年賀はがきこ購入してしまった場合

インクジェットの年賀はがきが欲しかったのに間違えて普通の年賀はがきを購入してしまった!!ってことないですか??
そんな時は汚れていない・未使用・その年の販売期間中ならば他の年賀はがきと手数料無料で交換してくれます。

ちなみに、通常のはがきや切手に交換することも可能ですが、手数料がかかってしまうので、注意してくださいね。

他にはこんなことも

古い年賀はがきの交換は?
本年度の年賀はがきは本年度の販売期間中ならば交換はできますが、古い年賀はがきを本年度の年賀はがきに交換することはできません。
古い年賀はがきは通常のはがきや切手などに交換することができます。
未使用の年賀はがきでお年玉が当選した!
大量に買ったのに、結局使わずに余ってしまった年賀状のお年玉付き年賀はがきの中に当選したものがあった!!でもこれって交換してもらえるの?
結論はズバリ、年賀状のお年玉はがきが白紙の未使用でも、当選していたら景品と交換できます。
消印がなくても大丈夫です。
基本的に、当選したお年玉の年賀はがきが未使用でも書き損じでも、当選していればしっかりと景品と交換してもらう事ができますので、安心して下さいね。
書き損じはがきは寄付できる
ユニセフ協会、ユネスコ、そのほかいろいろなNPO団体や民間企業は書き損じや未使用のはがきや切手などを寄付として募っています。
書き損じはがきは切手などに交換されて募金として利用される仕組みができています。交換する必要がない場合は寄付をすることで社会貢献をするのも良いですよね。

まとめ

いかがでしたか?はがきや年賀状を書き間違えないようにすることが一番の得策ですが、もしも書き損じてしまっても交換したり、換金したり、寄付することができるので、諦めてゴミに捨てずにとっておきましょうね。

【失敗しない】リモートワーカーにおすすめ高級人気お取り寄せスイーツ5選
トランポリンはアパートだとうるさい?騒音を計測してみた【動画で実証】音が静かなトランポリンは?
【裏ワザ】Audible無料体験初めてじゃない…2回目も利用できる方法知ってる?
【自粛を楽しむ】Amazonの無料体験がすごすぎる!使ってない人損してる!?
【お得すぎる!!】テイクアウト・デリバリー注文アプリ「menu」現金ばらまき中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました