ゲームばかりする子どもの将来大丈夫?私が子供にゲームをさせる理由5つ

スポンサーリンク
こども

うちの子、気が付くとゲームばっかりしていて

将来が大丈夫かしら・・?

我が子がテレビゲームやスマホのゲームばかりをやっていると子供の将来が心配になりますよね?

我が家にも小学3年生息子がいまして、わたしは元々はゲーム反対派でした。

ですが、今はゲームに熱中することは悪くないと考えています。

なぜなら、2020年から小学校でプログラミング教育が導入が決まり、高校、大学入試にも「情報」という科目が追加になり、単なる遊びではなくなってきているからです。

では、ゲームをするメリットやデメリット、将来性はどれほどなのか詳しく解説していきますね。

”この記事は2分くらいで読み終わります。こどもとの向き合い方、ゲームに対する考え方が変わると思います。”

スポンサーリンク

子供にゲームをさせるメリット・デメリット

平日の帰宅後や、休日にあなたのお子さんはなにをしていますか?

:流行りのおもしろYouTubeを見ている
:テレビを何となく見ている
:ゲームばかりしている

このようなご家庭は多いのではないでしょうか?

テレビや動画からでもいろいろな知識や情報は入ってきてますが、私はゲームををさせる方がより、有意義だと考えました。

2020年から小学校でプログラミング教育が導入され、友達よりも多く「できる」があると自分の自信につながりますよね。

他にも、ゲームがもたらすメリットをまとめてみました。

メリットは?ゲームをさせる理由5

・論理的思考力が養われる
・記憶力・考える力が上昇する
・脳が活性化される
・物事を計画的に進める力がつく
・コミュニケーション能力が養われる

ゲームには対戦型やロールプレーイング型など種類がありますが、どれも最終的にクリアしてゴールすることが目的です。
どのゲームも簡単にはクリアできない構成なので、ルールにのっとってステップを踏みながら、順序立てて計画的に、どうすればクリアできるのかと試行錯誤します。

一度した失敗は繰り返さないように、アイテムを手に入れるポイントを逃さないようにと、常に次の行動を予測しながら、進めていくことになるので記憶力が研ぎ澄まされます。

集中力を遊びの中からながら身に着けられることになります。

操作は指先で、微妙なタイミングやスピードが必要なので、この点は脳が大いに活性化されますね。

また、小学校でもゲームをしている子供も多く、よくゲームが話題で盛り上がるそうです。

その中で新しい友達ができたり、ゲームがクリアできたことでクラスのヒーロー的な存在になることもは珍しいことではありません。

ゲームが直接「勉強」につながらなくても、考える力や記憶力、コミュ力など、メリットが大いにあることは否定できないでしょう。総務省HP

子供だけでなく今やシニア層も処理速度を向上させることが明らかになり、脳の活性化に繋がると、ゲームに熱中する人口は増加しています。eスポーツの市場

デメリットは?

・視力の低下
・ゲーム依存

スマホなど小さい画面で長時間集中すると目に疲れがたまりやすくなります。
なので、ゲームをするときはテレビ画面でさせるのがおすすめ。

子供がどんなゲームをしているのかも分かりますし、家族で一緒に楽しむのもいいですね。

インターネットトラブルに巻き込まれる心配も少なくなります。

そして、ゲームをクリアできると、大きな達成感が得られますね。
その時に「ドーパミン」も盛んに分泌されます。人間の脳に大きな幸福感を与えてくれるホルモンで有名ですよね。

ゲーム依存にならないためにも、やらせっぱなしにならないよう親がしっかり見守ってあげることが大切。

そのためにも家庭で細かなルールをはじめに決めておくのがもっとも重要になります。

次では、我が家のゲームをする際のルールをご紹介します。

ゲームを始める前に決めるルール5つ

その1:宿題を終わらす
その2:学校の準備を終わらす
その3:家庭学習をする
その4:食事は家族そろって食べる
その5:寝る時間は厳守

これはゲームをするうえで必ず守らなければいけない我が家のルールです。

これまでは、帰宅後だらだらと過ごして1日が終わっていたんですね。

このルールを作ってからは目標があるので、時間配分がスムーズにできるようになりました。

早くゲームをしたい!一心なので、帰宅後すぐに宿題と家庭学習を終わらせてくれます。

学校の宿題と家庭学習をきっちりこなしてくれているので、お勉強の方は十分OK!
なので、私がガミガミと怒る事がなくなりました。

※うちはマイクラ(マインクラフト、minecraft)をやらせています。
マイクラはプログラミングを覚えることができるゲームです。プログラミングの基礎を学ばせるにはおすすめです。

さいごに

ゲームを推奨するわけではありませんが、ゲームがもたらすメリットは大きいと思います。
将来ゲーム業界は今以上に大きくなり、需要は高まるでしょう。

ゲームの専門学校やゲーム教室も今後増えていくので、ゲーム関連の仕事に就くことも可能ですし、エンジニアという職業も視野に入りやすくなるでしょう。

子供の時からゲームを深く知ることで、今からスキルを身に着ける、と考えると、早い方が良いと思いました。

大手企業に就職してもリストラされる時代。
これから力を入れるなら何となく勉強を人並みにするよりも、個人の得意分野を伸ばしてあげるべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました